不動産投資・資産運用・セール&リースバックのことなら株式会社カウル

「岡山の不動産投資会社」株式会社カウルは、不動産事業を通じて皆さまの生活を豊かにする会社です。

TEL.086-239-7426
受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせ

任意売却事例① 競売寸前での任意売却

blog

2015/10/06

Work

リースバック

こんにちは~ 朝晩が大変肌寒くなってきました。冬も、もうすぐそこという感じです。株式会社カウル スタッフの野邊です。

さて、当社は、任意売却仲介事業を一つの柱としておりますが、あと1ヶ月で競売の入札というお客様からご相談をいただく事もたくさんございます。

 

今回は、競売直前にご相談を頂き、お子様が小学校を卒業するまでの3ヶ月は、そのまますみ続けたいという事例をご紹介します。

事例①  岡山市中区在住 Aさん

【Aさんの環境】 

・ご家族 ご本人とお子様2人 

・ご相談を頂いたのが12月はじめ、年明け早々に競売の入札という状況でした。

・債権者 独立行政法人住宅金融支援機構 他にサービサー1社

・住宅ローンの共有者である亡くなられたお母様を相続し、お子様2人も対象物件の共有者になっていました。

・来春小学校を卒業するお子様のために、卒業式まではこのまま住み続けたいというのが、Aさんの一番の希望でした。

 

【解決策】

・年内に任意売却をしなくては、競売になってしまう状況だったため時間的余裕が全くなく、また3月末まで住み続けたいという希望もあり、当社が物件を一時保有する選択を試みました。

・債権者へ交渉し、1番抵当権者の(独)住宅金融支援機構には全額債務を返済し、2番抵当権者には一部弁済し、当社が保有することが可能になりました。

・お子様の卒業する3月いっぱいまで、住み続けて頂くことにしました。

・Aさんご自身が、体調が悪く仕事ができる状態でなかったため、また移動手段もなかった為、福祉事務所に一緒に行き、体調が回復する暫くの間、生活保護支給の為のお手伝いをしました。

・3月以降の新しい賃貸住宅をご紹介し、新しい生活をスタートすることができました。

 

 このお客様は、今でも電話やLINEで連絡を下さり、あの時小学校を卒業したお子様は、来春は高校へ進学されるというお便りをつい先日も頂きました。

 Aさんのご家族皆様、幸せにくらしています。

 

 さて、住宅ローンの返済に心配なことがありましたら、カウルにご相談下さい。カウルには、多くの成功例がございます。

 

 

 

 

新着記事NEW

年末年始の営業日のご案内

2018.12.12

経済誌「VISION岡山」に「不動産投資のスゴイ学校...

2018.10.10

経済誌【経済リポート】に掲載されました!

2018.06.14

不動産投資コンサルタント オフィシャルサイトのお...

2018.05.08

4月28日の日経新聞に掲載されました!

2018.04.28

カテゴリーCATEGORY

タグTAG

アーカイブARCHIVE

投稿者AUTHOR

Copyright © 2010 - 2018 KAUL Inc.