不動産投資・資産運用・セール&リースバックのことなら株式会社カウル

「岡山の不動産投資会社」株式会社カウルは、不動産事業を通じて皆さまの生活を豊かにする会社です。

TEL.086-239-7426
受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせ

不動産取引において重要な【2項道路】とは?

blog

2016/06/13

Work

カウル

こんにちわ~

【㈱フェイス不動産コンサルティング】の渡辺です。

私達が日常に使っている道路は、建築基準法上、国道・都道府県道・市区町村道など

さまざまな種類に分類されますが、その中に【2項道路】という道路があります。

 

建築基準法上では、原則、火災のときなどに消防活動がスムーズに

できるように、一定の広さが必要とされています。

よって幅員4m以上ないと道路として認められません。

2項道路2

しかしながら、建築基準法施行前からすでに存在し、現に建築物が立ち並んでいる

幅員4m未満の道で、特定行政庁が指定したものを【2項道路】と言います。

2項道路とは、建築基準法第42条第2項の規定により、「建築基準法上の道路」

とみなされる道のことです。みなし道路ということもあります。

2項道路画像

特定行政庁とは、建築申請の確認をしたり、違反建築に対して是正命令を

出すなど、建築全般を司る機関を言います。

2項道路の場合、道路の

中心線から2m下がった線が道路の境界線とみなされます(セットバックという)。

2項道路画像1

また、2項道路の場合で、道路の反対側が川、崖地等のときは、川、崖地等

の線から4m下がった線が道路の境界線とみなされます。  

2項道路イメージ

 

 

 

 

不動産投資ならカウルまでご相談下さい 🙂

岡山市北区今8丁目10-29

TEL086-239-7426

新着記事NEW

経済誌「VISION岡山」に「不動産投資のスゴイ学校...

2018.10.10

経済誌【経済リポート】に掲載されました!

2018.06.14

不動産投資コンサルタント オフィシャルサイトのお...

2018.05.08

4月28日の日経新聞に掲載されました!

2018.04.28

4月25日!ついに本が出版されました!!

2018.04.27

カテゴリーCATEGORY

タグTAG

アーカイブARCHIVE

投稿者AUTHOR

Copyright © 2010 - 2018 KAUL Inc.