不動産投資・資産運用・セール&リースバックのことなら株式会社カウル

「岡山の不動産投資会社」株式会社カウルは、不動産事業を通じて皆さまの生活を豊かにする会社です。

TEL.086-239-7426
受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせ

『家族信託という選択』~超高齢化社会への『転ばぬ先の杖』 岡山市北区 セミナー参加報告

blog

2016/04/27

Work

信託制度

こんにちは、カウルグループ『株式会社フェイス不動産コンサルティング』の野邊(ノべ)です。

先日、『家族信託』をテーマにしたセミナーに参加してきました。

 

『私の不動産は、息子に任せているから!!』

という表現をよく聞きますが、

息子さんは、お父さんの代理人なのでしょうが、

結局、不動産登記等の際には、本人(お父さん)の『意思確認』と『本人確認』が必要になります。

 

さて、途中でお父さんが『重度の認知症』を患ったらどうでしょう。

民法上、お父さんは『意思能力』を欠いた状態となります。

契約等の法律行為が無効となります。

 

最近、認知症で売却が進まなくなった案件をいくつか経験しています。

 

こういう場合に、『成年後見制度』がある思うかもしれません。

本人の代わりに裁判所が法定代理人を選任し、本人の代わりに契約等の法律行為をする制度です。

 

しかし、この制度は、

『原則として、財産の積極的な運用や合理的理由のない換価処分、本人の財産の減少となる行為等はできません。』

 

この度のセミナーでは、

『相続・事業承継における家族信託の活用』というお題で、

『家族信託』について学びました。

 

先ほどの、お父さんが認知症になったケースも、

『家族信託』を活用することで、有効に不動産の処分が可能になります。

 

家族信託とは、簡単に表現すると

 

お父さん(委託者)が、お父さん(受益者)の利益のために、

不動産の管理・処分等を息子さん(受託者)に任せる仕組・契約です。

20140725-shintaku-zu2

 

1)契信託契約

  委託者(=所有者:お父さん)と受託者(息子さん)との間での信託契約を締結します。

2)物権変動

  お父さんの不動産が信託を登記原因として、息子さんへ移転登記がされます。

3)信託契約に従った不動産の管理・運用・処分等の実行

  息子さんは、信託契約の内容を実行できます。

  例えば、

  相続税対策として処分する。

  土地に収益マンションを建てる。

  土地を担保として銀行から借財する。

  お父さんの本人確認も、委任状も、印鑑証明書も不要です。

4)暴走の防止

  息子さんが、お父さんのためではなく

  自分のために不動産を処分しないよう『信託監督人』をつけることができます。

5)信託契約の終了

  契約でお父さんが亡くなったら信託契約を終了することも、それ以降も継続させる契約も可能です。

 

 例えば、

 『相続税対策』本人が『認知症』を患ってしまうと、

 その時点で、『相続税対策不能』に陥ってしまいます。

 『相続対策』を計画どおりに進める上では、

 『家族信託』は、万が一を想定して活用すべき手段であると感じました。

 

 『相続対策』の不動産の運用・処分等についても、どうか『カウル』にご相談ください!!

新着記事NEW

経済誌「VISION岡山」に「不動産投資のスゴイ学校...

2018.10.10

経済誌【経済リポート】に掲載されました!

2018.06.14

不動産投資コンサルタント オフィシャルサイトのお...

2018.05.08

4月28日の日経新聞に掲載されました!

2018.04.28

4月25日!ついに本が出版されました!!

2018.04.27

カテゴリーCATEGORY

タグTAG

アーカイブARCHIVE

投稿者AUTHOR

Copyright © 2010 - 2018 KAUL Inc.