不動産投資・資産運用・セール&リースバックのことなら株式会社カウル

「岡山の不動産投資会社」株式会社カウルは、不動産事業を通じて皆さまの生活を豊かにする会社です。

TEL.086-239-7426
受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせ

【おかやま相続フォーラム】に参加しました!

blog

2016/04/18

Work

おかやま相続フォーラム

こんにちわ~

【㈱フェイス不動産コンサルティング】の渡辺です。

先週のことなのですが、【おかやま相続フォーラム】に参加してきました。

IMG_8595

講義の内容ですが

一休法律事務所の司法書士、牧先生による 

【失敗しない!遺言・エンディングノート・後見制度の比較整理】

小林裕彦法律事務所の弁護士、越智先生による

【「争族」にならないための相続アドバイス】

でした。

さて、相続は本人の死亡によって開始します。

少し前のデータですが、平成24年の統計によりますと

死亡数は125万6539人(厚生労働省・人口動態統計)

遺産分割事件は1万5286件(最高裁判所・司法統計)、

平成26年の公正証書遺言作成件数は10万4490件(日公連)

となっております。

「相続」「争族」へと変わっていくようで、

「争族」が発生しやすいケースとしては、現在の関係は不仲ではなくても、いざ相続が始まってみると、

どうなるか分からない。

IMG_0256

各々の相続人が、「この財産は自分のものになる(はず、べき、だろう)」と勝手に思い込んでいることも多いそうです。

そこで活躍をするのが遺言書です。遺言書には、

【自筆証書遺言】 遺言者が遺言書の全文、日付及び氏名を自分で書き(ワープロ不可)、押印して作成する方式

【公正証書遺言】 遺言者が遺言の内容を交渉人に伝え、公証人がこれを筆記して、公正証書による遺言書を作成する方式

の2つがあります。

それぞれメリット・デメリットが存在しますが、簡単にまとめますと、

【自筆証書遺言】 簡単に作ることができるが、安全性が低い

【公正証書遺言】 多少手間と費用がかかるが、安全性が高い

遺言を作成することで、相続人による紛争を未然に防ぐという観点からは、遺言の有効性が問題となる危険性や、改ざん、紛失、隠匿、破棄等

の危険性が小さい方法を選択すべきとなります。

よって【公正証書遺言】 が有効と考えられます。

 

 

今回の講義をまとめますと、先ず元気なうちに一度家族会議を開き、相続人全員の納得が得られるように、生前からの話し合いが重要となり、

「争族」の予防の第一歩となります。また、不安があるようでしたら専門家への相談をまずしてみましょう!

 

不動産投資ならカウルまで

 

新着記事NEW

不動産投資コンサルタント オフィシャルサイトのお...

2018.05.08

4月28日の日経新聞に掲載されました!

2018.04.28

4月25日!ついに本が出版されました!!

2018.04.27

岡山県備前市のニブベーカリーの《倉敷ローマン》♪

2016.07.10

尾道散策!! 岡山市北区 株式会社カウル

2016.07.03

カテゴリーCATEGORY

タグTAG

アーカイブARCHIVE

投稿者AUTHOR

Copyright © 2010 - 2018 KAUL Inc.