不動産投資・資産運用・セール&リースバックのことなら株式会社カウル

「岡山の不動産投資会社」株式会社カウルは、不動産事業を通じて皆さまの生活を豊かにする会社です。

TEL.086-239-7426
受付時間:平日9:00~18:00

お問い合わせ

『ピュアオーディオ』という世界!!

blog

2015/07/21

Work

オーディオ

こんにちは~ この連休中は、いくつかの不動屋さんから「カウル十日市」のお問合せを頂きました。

誠にありがとうございます。引続きよろしくお願いいたします!!

株式会社カウル スタッフの野邊(ノベ)です!!

 

さて、自宅のVictor製ミニコンポの左右両方のスピーカーのコーンが、エッジの継目から外れていることに気づき新しいものを求めることにしました。

 

IMG_6053

私自身、全く音には拘りはなく、たまにJ-POPSを聴く位ですから、安くてほどほどのデザインのものが手にはいれば十分といくことで、TEACのレシーバーとONKYOのスピーカーを購入してみました。

 

以前のスピーカーもかなり前から劣化が始まっていたと思われますが、私の耳では全く気づきませんでした。

そのような私が、高価なものを求めても意味がなく、そこそこのもので丁度良いと思います。

 

購入の際、一応はネットで底値等を調べましたが、その際『ピュアオーディオ』という世界を知ることが出来ました。

世の中、知らないことばかり、ググってみるとこんな拘(コダワ)りの世界があるのかと恐ろしくなってきました。

 

そもそも『ピュアオーディオ』とは、家庭用の音響機器による音楽再生に究極の音質を求める趣味で、拘りの極端さから一種のカルト宗教のように評価する人もいるようです。

 

使う音響機器がハイエンドの超高級品を使うようで、中には100万円以上するアンプやCDプレーヤー、2本1組で2000万円以上するスピーカーもあるようです。

ただの金持ちの道楽ではなく、そこに精神性や人生観、哲学等を求め、そういう意味から一種の宗教に近いようなところがあるのかもしれません。

 

日本のピュアオーディオメーカーとしては、「アキュフェーズ」「TAD」「DENON」「日本マランツ」「YAMAHA」「ラックスマン」が有名どころのようです。

また、アクセサリー類にも同様の拘りを発揮し、スピーカーケーブルも銅の純度を極限にし、20,000円/m以上とのことらしいです。

 

マニアの世界には、いろいろなものがあるんだな~と感じながら、違いが分かる聴力を持っていることが素晴らしいと感じました。

私自身は今回購入した1組2万円程のスピーカーをまた破れるまで聴くんだろうなぁ、と思いながら、対極にあるマニアの世界の奥深さに一寸(ちょっと)だけ触れることが出来ました。

人生をかけて、のめり込むことのできる何かを見つけることが出来た人は、きっと幸せなんだろうなと思います。

 

賃貸マンション・アパートのオーナー様、管理会社の見直をしてみませんか!?

カウル収益性の向上に拘った管理をご提案いたします!

 

 

 

 

 

 

 

新着記事NEW

お客様の【エピソード記憶】に残る関係性を築いて...

2019.09.17

「無知な私」だからこそできる新しい改革

2019.09.16

【本紹介】本当の仲間をつくろう!”君に友だちはい...

2019.09.13

田舎エリアには面白い収益物件が隠れている《不動...

2019.09.11

我社のニューフェイス【洪 直樹】をご紹介します^^

2019.09.10

カテゴリーCATEGORY

タグTAG

アーカイブARCHIVE

投稿者AUTHOR

Copyright © 2010 - 2019 KAUL Inc.